12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2007-07-27 (Fri)
覚えているよ 君のすべてを

もう忘れはしないよ あの時の汗を

だから あの時にはもう 私の夏は

始まっていた・・・。




「九回裏 光川高校 3-0 とかなりピンチになっております」

真夏のある日
私の耳に少し高めの女性のアナウンスが響いた。

光川高校とは私と彼が通っている高校で、
今県の中で一番注目を浴びている高校であります。
特に私がマネージャーを務めている野球部は。
毎年甲子園にまで出場し、何年か前は優勝旗を持って帰ってきたこともあるそうです。

そう今までは・・。

9回裏 3-0の ワンアウト 満塁。
今の状況野球初心者の人でも見てわかるように、
かなりピンチです。いや、あと一回ヒットを打てば逆転。
いいかえればチャンスなのかもしれない。
でも、本当に思い通り行くかしら。

「おーい。俺のマネージャさん。
何暗い顔してるん?笑え笑え、」

後ろから愉快な関西弁をした愉快な男が話しかけてきた。

「何いってるの?こんな状況じゃ笑えないわ。
私はマネージャーなのよ?」

どうしてこんな状況で笑えるの?
そういうと彼はクスッと笑い私を見つめた

「あー。それは間違えやな。
だってそうやろ?俺らの仕事は試合に勝つこと。
マネージャーの仕事はそのサポートやろ?」

「え。まぁ・・」

それがどういう関係があるというの。
サポートはちゃんとやっているのに。

「それでな、本当はもうひとつ仕事があるねんで。」

「え・・?もう一つの仕事?」

「それはな。マネージャーさんはベンチで笑っているという事なんや。
俺だって負けたくはないねん。そうするとなやっぱり緊張してしまう。
でもその時ベンチを見たら笑顔で応援してくれるお前がおったら
俺はすっごく安心するねん。だからおれのためにわらってな?」

彼は顔を下げ恥ずかしそうに頭をかいた。
彼の言葉に私は自然と笑顔になることができたの。

「うん。わかった。だから約束して?」

「え?何を?」

「あたしの為にホームランを打つって」

彼は一瞬キョトンとしたがたちまち笑顔になり
「おう。楽しみにしときな」っと私に手をふりグランドに上がった。



やさしい彼の言葉 真夏の熱い日

大きく打ち上げられたボール

チームの歓喜の声と 彼が私に向けた笑顔


僕らの夏はまだ始まったばかりだった。
スポンサーサイト
| story | COM(0) | TB(0) |
2007-07-20 (Fri)
「どうせあたしのこと知らないくせに」

あたしはそういって、机を勢い良くたたきつけてみた。
ざわついた教室からはまるで火が消えたように
静けさが飛び交った。
が、その静けさも2,3秒で終わりを告げる。

「何言っているの?さっきからあなたおかしいわよ?」

目の前には困り顔の担任。
あたしは今までこの担任と話していた。
奇麗事ばっかりの担任、
なんとなくむかつく。

「おかしい?ほっといて、あたしもうかえる。」

4時限目。
さようなら、学校。
明日は日曜日 あたし学校にもは来ません。

もう、私のことなんかほっといて
もう、どうでもいいんでしょ?

「でも見つけて欲しいくせに」

探してほしいけど 見つけて欲しくない

「それをわがままというの」

そんなの知らない。

「僕もしらない。」
>> ReadMore
| story | COM(0) | TB(0) |
2007-07-15 (Sun)
暖かい日差しが、生き物全てに注ぐ文月のある日の事でした。
私、高知 唯莉は一人自分の部屋から空を眺めている。

「宗良まだ帰ってこないのかなあ。」

ぼんやりと呟いてみたが、広い空の下では、こんな小さな声もすぐに消えてしまう。
彼に、届くわけないのに。
ただ届いてくれればなあ。と
無理と分かっていても願ってしまう。これって…、
そんなにも彼の事が好きなのかしら。
なんかショックね。
彼こと 金瓦夜 宗良は唯莉の幼なじみ兼付き合って間もないが昔から相思相愛で、
やっと彼が素直になってお付き合いをしだした彼氏だった。
彼氏と言ってもそう簡単に会える関係ではない。
彼女は、街一番の呉服屋の娘。
さらさらの黒い髪短めの髪を上にアップさせて、真っ赤な丸い飾りのついたかんざしをさしていた。
かんざしは、彼女に良く似合っており、まるで大人の女性のようにおとしやかに見えた。
しかし彼女がそのかんざしをつけた時周りの反応は微笑ましい物ではなかった。
そのかんざしの雰囲気は、彼女の今までの好みとは全く違い、
今まで可愛い系のものを集めていた彼女がいきなりいつもと違う感じのものをつけていたのだから
ビックリするものが後を絶えなかったという。
それもそのはずで、このかんざしの趣味は彼のものだったから。
という事でこのかんざしのプレゼント主は、この国の頭首金瓦夜 宗良であった。
といっても最近戦に行って来ないのであるが。

「あー。暇、暇、ひまー」

本当に暇すぎる。宗良がいるなら少しは暇がまぎれるのに、その彼はいない。
勝手にお城にいっても怒られそうだし、まず付き合ってるのを知ってるのはお城の中でも数人のみ、
そんな中勝手にお城に行たら怒られるに決まってる。
でも暇すぎる。暇は天敵ね。天敵を倒すには街にお出かけに限るわ。
という事で私は街にお散歩にでることにした。

街はもう、万緑の緑が溢れておりとても美しく思えた。
街の人もいつでも優しく、笑顔でこの街だけは戦の事なんかしらないかの用に毎日すごしている。
これもそれも宗良、あんたのおかげね。
ありがとう。
適当にのんびり歩いていると、小さな空き地に着いた。
自然がたくさんで何かワクワクする。
ああ、そうだ、この空き地は宗良と小さい頃よく遊んだ空き地だ。
そしてあの人と遊んだ空き地だった。
空き地にある少し大きめの岩に腰を下ろし瞳を閉じると、小さい頃の懐かしい思い出が溢れてきた。

君の守るもの、私の大切なもの、そして、君の笑顔

全て全て此処から始まった。そして今もまだ続いている。
今の状況のことを幸せをかみ締めてるというんだろう。きっと。

「あのー。」

「うん。今あたし幸せなのよね。良かった幸せで。」

ほら、幸せオーラって出てるのよね、きっとこの人も私の幸せオーラを見えてたのよね。

「あ、幸せなのはいんだけどさ。お前もしかして唯莉なのか」

「はい。唯莉ですよー。って」

幸せなのはいい?。そういえば私今誰と話していたのかしら。
しかもこの人私の名前を知っている。あーきっと友達ねだから話かけていたのね。
彼女がぱっと後ろを振り返ると、そこには一人の少年が立っていた。
その少年を見た瞬間に彼女の目が大きく開かれた。

「あーやっぱり唯莉じゃん。俺の目に狂いはなかったな」

彼はそういって彼女に思いっきり抱きついた。
もちろん彼女の思想回路には?なマークが。

「あ、え、えっと、うん。あんた誰よ!?」

「俺か。覚えてないんだな。俺は、お前の幼馴染の朝倉春陽だよ。お前もしかして忘れてたわけ」

春陽、春陽、えっと幼馴染の春陽。あたしの幼馴染は宗良と、春ちゃんだったはず。
あれ。春ちゃん、って事は、

「もしかして、あの春ちゃんなの、」

「そうその春ちゃんだ。というかもう春ちゃんって体じゃないだろ」

そういうと彼は苦笑いをした。
改め春ちゃんこと朝倉春陽はれっきとした男であり、唯莉の幼馴染であった。
170はありそうな長身に、黒いツンツンな髪。
笑顔がとっても爽やかでまるで太陽のような男である。
もし、春陽を太陽と例えるならば宗良は月というところだろうか。
それほど違いがある。
とはいえ、宗良と春陽に一切関わりは無い。宗良はお城の外に出ているときは唯莉としか遊ばなかったし、
春陽は宗良と遊ぶ事を極端に嫌がった。
それに、春陽は7歳になる前に武士の親と共に修行と言ってこの街を出てしまった。
その為宗良と春陽が触れ合う時間なんか無いに等しかった。

「そうだけど、春ちゃんいつの間に帰ってきてたの」

「あ、ついさっきだな。久しぶりに街を歩いてたら唯莉を見つけたってわけ。」

彼は二カっと、歯を出して微笑んだ。この笑顔は幼い頃から変わっていない。
本当に太陽のようで、でもまぶしすぎて。

「あーそうなんだ。」

自分で聞いといてなんなんだけども正直興味がわかない。
だってこの瞬間に宗良が死んでるかも知れないってなぜかあの笑顔を見た瞬間に頭をよぎった。
あの笑顔はいったいなんなんだ。

「そうそう、ところで唯莉、お前年頃になったんだから好きな人ぐらいできたのか」

彼は急にまじめな顔つきになり少し微笑んだ、
好きな人か、言ってもいいのだろうか、いや、だめだ。
いったらなぜかあたしの命がなくなるきがする。最近はすっごく物騒なんだもん。

「いや、別にいるっていうかいないっていうか、いやでもいないと言えば嘘になるといえるようないえないような」

「いや、唯莉意味不明だから」

「意味不明か。だから簡単に言えば唯莉は我の事を好きだということ」

「そうそうそういうことね」

あー。誰か分からないけどとっても分かりやすい説明ありがとう。
すっごく良かった。あたしの口から宗良が好きだなんていえないから。
そう誰かさん。って、誰かさん。誰かさんって誰よ、
待てよ。今我って言ったよ、今あいつの声したよ、
なんか春ちゃんあたしの後ろ見て固まってるよ、何があるんだ。
彼女は小さくつばを飲み勇気を出して後ろを振り返ると、 >> ReadMore
| story | COM(0) | TB(0) |
2007-07-14 (Sat)
時は 戦国時代。
場所はある殿が納めているある大きな国。
えっと此処は大きな街と言うべきでしょうか。
他の街を見た事ないからしりませんけどね、
この辺では他の街をしらないのは当たりまえなのです。
戦国時代ならば尚更ね。
ところで私ははい。高知 唯莉。
この国一番の呉服屋の一人娘です。
簡単に言えば看板娘ですね。
あ、はい冗談。
高知呉服屋は、この国の主までも常連様であります。
なのでこの国の長、いや、お殿様とも顔見知りなのです。

「おい。唯莉、我の話を聞いているか?」

「えっあ、はいなんでしょうか?」
あ、しまった。
今この国の殿様。金瓦夜 宗良 と話していたところなのでした。

「唯莉、聞いてなかっただろう。」

しまったばれた…。
まぁ、大丈夫さ。
ところで今私、金瓦夜様のお城にいます。
理由は…

「そんなご無礼な事していませんわ。でももし不快に思われたならば。
この首をあなた様にささげます。
ところで、金瓦夜様、
お城に私を御呼び立てするなんて…。何か御用達でしょうか。」

何の用だよ。
金瓦夜様の前にまで呼ばれて、金瓦夜様と直接話せて私うれしいです。
そんな事思うわけないだろが。この私が。

「お前の首など我ははいらぬ。お前の首などより我が求めるものは敵将の首のみ。
そしてきしょくの悪い敬語を使うな、」

金瓦夜様は、眉をひしめかし私を軽く睨みつけつ重い口をまたもう一度開けた。

「ですが、金瓦夜様。あなたは国の殿様、私は国一番の呉服屋の娘。
私が貴方様に敬語を使わないなど、この首を失っても償い切れぬ罪ですわ。」

私は彼に深々と頭を下げる。
私みたいな平民がこの国のお殿様に敬語を使わないだなんて
家柄が汚れてしまうわ。

「そうか。どうでもいいが、そのこの国一番っと自分で強調するのはどうかと。
そしてそのニヤ着いた顔を上げろ」

「あは。なんだばれてたの?あたしがニヤついていた事。
ついでにいいじゃないのー。あたしの家は国一番でお殿様お気に入りの呉服屋なんだもの」

あたしは堂々と顔を上げ彼の顔を見た。
彼はあきれた顔で大きな溜息をはきだしている。
「お前は昔から変わらぬな。歳を取れば年頃の女共のように
すこしはおとなしくなると思ったのだがな」

そしてまた大きな溜息を、なんか馬鹿にされている気分だ。
「何?あんたは私に女らしくなって欲しいと?」

「そんなこと我にはどうでもいい。」
「ならいうな。」
「・・・・」と宗良。

何歳になっても変わらないといわれても仕方ないじゃないの。
あんたは一人で変わってしまって。
そう私たちはこの身分の差がありながら幼馴染でありました。
小さい頃の宗良はものすごく可愛かったのに。
いつも「唯莉ー」「唯莉ー」って私の後ろをずっと歩いてきてたり、
お忍びで城を逃げ出して一緒に遊んだりもした。
でもいつの間にか戦場に行きだして、会えるのも2ヶ月に一回とか
気がついたら他の国に行ったりして、
最近では宗良が私を呼んでいるっと宗良の部下の人がわざわざ
私を呼び出しにきてやっと会えるぐらい。
自分から会いに行くことはできないのよ?

「私が変わってないように見えるのはあんたが変わりすぎているからよ?」

「我がか?変わった覚えはないがな」

「変わったわ。そして私を置いてけぼりにしている」

自分で言ってて悲しくなってくるぞ。

「置いてけぼりにしたつもりはないんだがな。」
「つもりはなくても実際置いてかれてる私がいますけど。」
「お前が追い付けばいいだろう。」

彼はまた呆れたように私を横見し、開放感がたっぷりある襖から空を見つめた。
私の存在は空よりも下か。
>> ReadMore
| story | COM(3) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。