12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2007-08-30 (Thu)
最後の 涙 最後の笑顔
最後の言葉

全てが一瞬で終わりを告げた あの時

また会う日まで END
 あの愛をもう一度 貴方に、

「さよならっていう気はないけど。
 やっぱりお別れはさびしいものね」

最後のよる彼女はそういった。

まっ白い部屋にまっしろいベット。
そこに座るやさしい笑顔。
ふっとその笑顔から声がもれた。

「そんな悲しい顔しないでいいの。」

花のようででも太陽のように明るい彼女はそうやって笑った。


「あんたはね。ただ私の最高の笑顔を覚えてなさい」

またいつものように命令口調。

いい加飽きたけど。もっと話してほしい

「はあ。あんたはどうしていつもそうなのかしら。
 私の言うことを聞いてくれはしないのかしらね。」

大きくため息を付きやさしい瞳が僕をとらえた。

その目を離さないで

「ほら。いい加減笑わないと。」

彼女はまた笑顔を作った。

とても綺麗ではかなくて

僕はその笑顔をに惚れたんだ。

「もー。いい加減にしなさい。
 この調子だと私がいなくなってからが心配だわ。」

なら いなくならないで。

ずっとそばにいてよ

「もう。本当にお願い。最後に笑って見せてよ。
 じゃないと私心残りができるわ。」

そんなこと言われても

「あのね。私たちはお別れをするわけじゃないのよ」

彼女はいつもの強気の瞳に戻った。

「あたしはね、この世界からいなくなるわけではないの。
ただすこーし遠い世界にいくだけよ。
だから、だから、笑ってよ。」

彼女の瞳からは雫が落ちた。

それがとても美しくて

「それで。時期が来たらあたしが迎えに来てあげる。だからそれまで笑っていてよ」


彼女は微笑んだ。










僕が彼女の笑顔を見たのは



それが最後だった

あの日彼女は優しく顔をして

息を引き取った

それはとても美しくて

切なくて優しい微笑みだった


ざわつきの中誰かが言った


「彼女は幸せな人生を歩んだ。だからこんなにもたくさんの人は彼女の為に涙を流すんだ」

その言葉にまた涙の嵐が溢れた。

けど僕は泣かなかった。

きっと彼女は

僕の涙を望んではいない。

そう思ったから。

部屋の外は

真っ青な空が広がっていた

あまりの綺麗さに息を飲んだ

まるで彼女にように

そう思うと

頬に涙が伝った

でも悲しくはなかった

「泣くな。泣いた男は嫌よ?
だから笑いなさい。笑って私を思い出しなさい」

彼女がそういった気がしたから

ハハ その通りだ

泣いてると君が迎えに来てしまう。

少しまってくれよ。
僕はまだ君が言う幸せな暮らしを知らないんだ。

たがら時期が来たらちゃんと行くから。
たくさん僕の話しを聞いてくれよ

じゃあ。また会う日まで さようなら
スポンサーサイト
| story | COM(0) | TB(0) |















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。